リース飾

■リース飾りについて


お正月飾り

■しめ飾りについて

■飾るのはいつ?

■終うのはいつ?


生け込み


流木オブジェ


木アート


竹アート


ご注文


お問い合わせ


トップ



手作り工房HARU


お正月飾り

一口メモ



  ■しめ飾りについて
しめ飾りについて 性格には「注連飾り」と書き、古く日本書紀の時代から 神社仏閣の神域を意味する「しるし」として一般化しました。現代では主に正月に迎える 「家神様」に対しての礼儀としての意味があるようです。玄関や部屋の入り口・神棚や恵方棚・水回り・自動車・自転車などに、年神の依代[よりしろ]として飾ります。門松も年神の宿る場所ですが、最近は門前に大きな飾りを飾るより、室内の下駄箱の上やテレビ台などに、小型の門松や置飾りを飾ることが一般的になってきました。
 

■飾るのは何時?
12月13日を「正月事始め」といいます。お正月飾りやおせち料理の準備など、年神を迎えるのに必要な準備を始めるのに縁起の良い日とされています。年末のうちに飾りつけをすませるのが慣例です。一般的には、30日までに飾りつけるのが良いとされています。 31日の大晦日は、「一夜飾り」といって、葬儀前夜の準備を連想させるので不吉だと考えられていますが、実際には一夜飾りが災いを運んでくることはありません。せわしなく神さまを迎えては失礼だ、という戒めの意味があったようです。 29日は「苦立て」といって避けられていましたが、今では「29=福(ふく)」とみなして、縁起が良いと考えることもあります。

  ■終うのは何時?
元日からお正月飾りをかたづけるまでを松の内[まつのうち]といいます。7日までとするところや、15日頃までの地方もあり、期間はまちまちです。松の内の「マツ」は、植物の松ではなく、正月を指折り数えて「待つ」という意味です。しめ飾りから「しめの内」と呼ぶ地方もあります。
  とりはずしたお正月飾りは、左義長[さぎちょう](どんど焼き)と呼ばれる火祭りで、毎年燃やすのが習わしです。現代のお正月飾りは、簡略化されて、素材もさまざまなものが多いので、なかなか燃やすことができないようですが、燃やす際には環境問題に十分配慮し、各地方自治体ごとの取り決めに従うように注意しましょう。




 リース | お正月飾り | 活け込み花 |流木オブジェ | 木アート | 竹アート 



オリジナルアート作品 フラワーアレンジメント リース制作 現場活け込み、などご注文承ります
手作り工房HARU
〒160-0022 東京都新宿区西新宿6-12-7−504
TEL.03-3348-1527 FAX.03-3344-3366
http://www.fujigaho.co.jp/haru/

Copyright (C) 2010 Shunkoh co.,LTD. All rights reserved.